採用情報

社員メッセージ

ものづくり冥利に尽きる仕事 技術課
私は主に、ボタンやリベット、ハトメなどを作るために必要である金型の設計、製作を行っています。ボタンを例に挙げてご説明すると、まずお客様が求める完成品イメージを共有し、その後デザイン画を金型に落とし込んだ図面を書きます。そして工作機械を使って金属を削って金型をつくり、試作を繰り返した後に量産に移行します。
言葉で聞くと簡単そうですが、金型づくりは実は奥が深く、版画のようにただ形を掘って、クオリティの高いものが出来ればいいという訳ではありません。技術課 課長 堅田一弘大量生産するので、耐久性が高く、また生産現場が使いやすいシンプルな構造で、かつ品質の高いものづくりが求められます。また、ボタン1つでもお客様のニーズはそれぞれ異なり、納期(スピード)や品質(クオリティ)は当然の事、質感や色味、刻印の強弱など、ミリ単位の技が必要になる場面もあります。
こうした「こだわり」を徹底的に追及し、実際に量産に移行し、製品が完成した時には強い達成感が得られますし、何より実際に誰もが知る服飾ブランドの店頭に並んでいるのを見ると、思わずニヤりとしてしまいます(笑)。まさに、ものづくり冥利に尽きる仕事ではないでしょうか。
採用情報